フィリピンで外国語

「フィリピン=危険」


という従来のテレオタイプ的考えも、Skypeで英会話を勉強したり
フィリピン留学をする人が増えるのにつれて、


「フィリピン=語学留学」


特に若い人たちの間ではこう変わりつつあるように感じます。



英語はもちろんですが、意外にフィリピンでは他の言語も学べる
環境があります。



① スペイン語

400年間スペインの植民地だったフィリピンにはスペインの文化のみならず
言葉もたくさん残っています。タガログ語を知らなくてもスペイン語の単語を
言って通じることも結構あります。しっかりとしたスペイン語学校もありしかも安い。
スペイン語を学ぶ先はスペインか中南米と思っていただけに意外な発見!!



私が次に住みたい国は中南米。

フィリピンにいる間にスペイン語ブラッシュアップするつもりです。


② 中国語

中華系フィリピン人は意外に大統領をはじめ多く政治やビジネスの世界
でも活躍している中華系、その子弟に中国語を学ばせるための中華系の
学校も結構あります。

IMG_4221_convert_20120604013833.jpg

モモのクラスメートだったオリビアもモンテッソーリをやめて
来月からチャイニーズスクールに転校します。
明後日からモモの新学期が始まりますが仲良しのオリビアがいなくなって
しまうのでモモも寂しいだろうね・・・

中華系フィリピン人のお父さんと香港出身のお母さんとの会話は中国語。
フィリピン人であってもタガログ語よりも英語や中国語を重視する中華系。
フィリピンに住むフィリピン人であってもタガログ語が話せなくとも
英語が話せれば問題なく生活できる国ですからね。

学校の授業は基本的には英語、そして午後からは中国語のクラスそれに
プラスαで1時間程のタガログ語の授業もあるのだとか。
子供をこういう学校に入れられるのもこの国ならでは。


③ 韓国語

韓国資本の英会話スクールが多いので英語と韓国語セットで
教えてくれる学校も結構見かけます。

しかもフィリピンには韓国人沢山住んでいます。
実践練習する相手にも事欠かないでしょう。


滞在費が安く、日本から近いフィリピン。
英語プラスαを勉強するには意外な穴場です。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。