Shall we dance?

田舎で暮らしていたときの自分と都会で暮らしているの自分、
自分の体にとっていい環境は断然田舎でした。


仙人のように自然に囲まれた田舎で暮らしすほうが直感力は
冴えるであろうとさえ思っていました。
だから都会にいったら曇ってしまうんじゃないかと・・・


東京の大都会で暮らしているだけでは分からなかったし、
田舎だけで暮らしているだけでも分からなかった。
また都会に戻って分かったような気がします。


確かに環境に寄るところは多いと思いますが、要は自分の在り方だって。


特に何をするわけでもないんだけど。
自分と一致していれば、もたらされるんだってこと。


そんなことがわかってきたみたいです。


長く私を知っている人ならどれだけ私がサルサに情熱を
傾けていたかを知っていると思います。
サルサクラブなどない田舎で暮らし、妊娠、出産を経て
サルサからは遠く離れていました。


でもやっぱりラテン音楽を聴くと血が騒ぎ、そしてたまに聞かないと
落ち着かなくなってきます。


アジアの中のラテン国フィリピン。
サルサクラブもあるしボールルームダンスなんかを始めるにも敷居が低いし
DIと呼ばれるプライベートのダンスインストラクターにお願いするのも安い。


子どもも3歳になったしそろそろ踊り始めたい・・・
とここ数ヶ月考えていたけれどどうやって始めたらいいかな〜と
昨日はマニラで踊れる場所やインストラクターを探していました。


する今日フィリピン人の友達からメールがきました。


「今の大きなプロジェクトが一段落したら踊りに行きたいから
 一緒に行こう!!」


彼女のこと10年以上知っているけど踊る人だとは知らなかったし
しかも彼女も私が踊る人だとは知らないはず。
ローカルの彼女と一緒だったらどこへも安心していける。


こうして欲しいものがもたらされました。


手に入れるための第一歩は、行動すること。
動き始めると、静かな水面が動くように周りに伝わって行くんですね。
それが目に見えるものでも、見えなくても関係ないみたいです。


嬉しい〜近々再開できる Dance Dance Dance!!!



↑ダンスといえばモモの幼稚園のClosing Ceremonyでのお遊戯。
横になっててちょっと見づらいですが楽しそうに踊っています。



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。