娘の学校での1週間が終わりました

月曜日から始まった娘の学校、金曜日の今日で丸一週間が経ちました。

・月曜日、火曜日は30分親と一緒に過ごす。
・水曜日から金曜日までは1時間1人で過ごす。

月、火曜日は私たちがいたので泣かずに過ごしましたが
水曜日ひとり登校の初日、その日は夫が幼稚園へ送って
くれたため私はその姿を見ませんでしたが、大泣きで先生曰く、
1時間泣いて過ごしたそうです。

木曜日は少し引きつりながらも、担任の先生に手をひかれ
見送る私たちに覚悟を決めたようにしっかり手を振って
教室に入っていきました。
そしてこの日は1時間泣かずに過ごせました。
(それを聞いたらこっちが泣けるわ・・・

その理由は担任の先生のお陰が大きいと思います。
言葉は分からなくとも、その表情、手振り、身振りから
この人は安心出来る人だとモモが感じているのが分かります。
他人を判断する上で話す言葉から伝わるものは7%にしか過ぎず
ノンバーバルコミュニケーションが9割以上をしめるといいますが
今回学校に慣れていく様子をみているとそのことによく頷けます。

写真_convert_20120120193449

しかもこの先生なら大丈夫だと思って親が安心してるのもモモは
分かっているようです。


今日は送る車の中で「う〇ち〜!!」となり、学校に着くなり
トイレへゴー=3=3
先生は出来るだけ親がいなくても大丈夫になってもらいたいため
私から離そうとしましたが、「ビッグ」の方はやっぱり先生と一緒
なのや嫌らしく(私にも見られるのが恥ずかしく「外に行って!!」
って言うのだから分かるわ〜その気持ち)泣きながら嫌だと訴え、
そしてトイレが終了するまで見届けたら、元気に先生と教室に
入っていきました。


そして昨日から先生の名前を使ってこんな歌も歌いはじめました。

『♪ミス〇〇はかわいいおねえさぁ〜ん♬』(←〇〇は先生の名前を)

そう、先生とってもかわいいお姉さんなんです。
子どもは正直ね〜

こうして無事1週間が終え、来週月曜日のチャイニーズニューイヤー
のおやすみを経て火曜日から8時−11時でフルタイムプログラムが
スタートします。

日本にいる時に一時保育にいっていたお陰もあったんだろうな。
泣かずに行ってくれるようになったのは本当に嬉しいです



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。