パーシモンパイ

IMG_1855.jpg

あまり聞き慣れないですが「柿パイ」です。「アップルパイ」も「林檎パイ」とは言わないし
「柿パイ」よりも「パーシモンパイ」の方がなんとなくおさまりがいいみたいです。


我が家の庭にある柿が最盛期。
今年は豊作らしく大量に収穫し人にあげても余ったので大量消費出来ないかと
考えてつくったのがこれ。


パイ生地は乳製品フリー。
バターを使うパイ生地は結構手間がかかりますが、このパイ生地に入っているのは
薄力粉、全粒粉、塩、菜種油、豆乳のみでいたって簡単です。


柿も煮るとサツマイモと林檎の中間くらいの味でアップルパイにある酸味はないものの
レモンの量を増やす事ですこしパンチがでます。

IMG_1846.jpg


【パーシモンパイ】

フィリング:
柿    4〜6個
レモン汁 半分から1個分
甜菜糖  大さじ3程度
水    適量
葛粉(コーンスターチでも可)大さじ2程度

パイ生地:
A: 薄力粉  120g
全粒粉   30g
塩  ひとつまみ

B: 豆乳 大さじ4
  菜種油 大さじ3

①フィリングをつくる、柿をいちょう切りにして甜菜糖、水をいれて焦げ付かないようにしばらく煮て水分がなくなってきたら、最後にレモン汁、葛粉を水に溶いたものを入れてトロミをつける。

②Aをホイッパーで混ぜてBを加え、ゴムベラでさっくりとまぜる。

③生地をラップにくるんで冷蔵庫で20分くらいやすませる。

④二分割してそれぞれパイ皿の大きさよりもひとまわり大きくのばす。

⑤皿に一枚の生地をのせフィリングをいれてからもう一枚の生地をのせ上下をみっちゃくさせてからはみ出た生地を切り落とし、フォークで周りに線をつけてから真ん中に切り込みをいれ、照りをだすため豆乳(分量外)を生地の上に指でぬる。

⑥あらかじめ170℃にあたためたオーブンで40分程度焼く。
*オーブンによっては時間の調整をしてください。

ちなみにこのパイ生地なんにでも応用可能です。
私はこの生地にあまり物をいれてキッシュなどつくります。

IMG_2053.jpg

これは豆腐と野菜のキッシュ。パイと一緒に焼けば省エネです。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。