フィリピンの海外労働者

210億ドル。日本円で約1兆6千億円。


フィリピンの海外労働者の11年度の送金額。


GDPの12%を占めフィリピン経済を大きく支えています。
貧しい生活なのに子供がプレステとか持っていたり、
いい携帯を持てるのは多くはこの親族の海外送金があるから。



日本の企業は日本での活路を見出せず海外に視野を広げている。
それは何も今日に始まったことではないけれど、私のいる建設業界は
まさにもう日本には建物を建てる場所もニーズも減少傾向。
ゼネコン各社が高い技術を持って海外にどんどん進出しているようです。



高い技術を持っていても使う所がない
高い能力を持っていても働く機会がない


外国に働く先を求めて国を出るフィリピン人労働者とどこかダブります。
日本人はフィリピン人のようにフットワーク軽く世界を移動できるでしょうか?
彼らのフレキシビリティは日本人が見習えるところのひとつでしょう。


日本の企業もどんどん外にでちゃって、外国で利益を上げて日本を豊かにする
というやり方があってもいいんじゃないかなとフィリピン人海外労働者の
記事をみて考えます。


出て行くだけでなく受け入れるほうもどんどん入れられないのでしょうか。
日本の介護や医療の人手不足なのは誰の目からみても明らかなのだから。
やる気のある外国人を受け入れる敷居をもっと下げて欲しい。


やればできるでしょ、きっと。


来週日本の看護師の資格に合格せずフィリピンに戻されてしまった
優秀なフィリピン人に会います。


彼らの努力は並大抵ではなかったはず。
それでも試験に合格しなかったから帰国だなんて・・・
この国で日本語ができるからって日本並みの給料日系企業だって
出せないだろうし・・・きっと彼らはそのうち香港とかシンガポールとか
はたまたアメリカとかいってしまうんだろうな〜


いい人材が他の国にとられてしまうことを日本政府はどう思っているのだろう。


「国民の生活が第一」という党ができたとか?!


小沢さん是非「国民の生活が第一」に進めてほしいものです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。