60兆の細胞を満足させる食べ方

フィリピンに来てから最初の二週間で水があわなかったのかお腹の調子
が思わしくなく痩せました。

その後1.5ヶ月、体重は変わらないのに大きく変わった場所があります。


それはお腹周り・・・


出来る限り自分達で料理をしていますが日本にいたときとは手に入る
食材も違うし確実に食事のスタイルが変わりました。


もちろん気候が違うから、採れる野菜も違うし豊富に採れる南国の
果物も毎日のように食べます。


外食するときは気をつけていても脂肪分過多になってしまう。
フィリピン料理はもちろんの「あっさり味」に地元の人は満足
しないのか何でもこってり系。


そして、砂糖・・・
フィリピン料理に限らずともフィリピンで食べる料理は全て甘過ぎる!!
南国だから甘味が増えても構わないと思っていますが、白砂糖が体に
及ぼす害を知っているだけになるべく避けています。


でもこれまた自然と摂取していることが多いな・・・
全て自分で食事をつくれればいいが、なかなか今はそうもいかない。


アラフォーと言えば聞こえがいいが要は中年なんだな・・・


入れ替わりの早い細胞は1日で変わってしまうものもある
ようですから1ヶ月も入ればかなりの細胞が変わっている
ということです。


油脂、砂糖、乳製品が血液によって体中に運ばれてお腹周りに
着地した結果がこのお腹周りの膨張感。


「日々変わっていく60兆の細胞達を意識して食べる」


これが健康を維持したり、病気から回復するために必要な
食べ方だとどこかで聞きました。


私の好きなブコパイも甘さ控えめなんて思って食べていても
実際の所砂糖、バター、マーガリンバリバリだろうしな〜


この1ヶ月で確実に自分の食べた物が辿り着く場所はお腹周りに
集中してきたと分かりました。


日本にいたときは粗食だったからそんなこと全然感じなかった
けれど、この1ヶ月で自分自身の人体実験でわかりました。

フィリピン人もかなり太めの人多いです。
男性も女性も。特にお腹周り・・・

You are what you eat.


この言葉を再びかみしめております。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。