2011年!!そして来年

2011年の最終日の今日、毎年恒例のもんぺおばさんの蕎麦打ちに
いってきました。

滋賀に来た年から参加して今年が5回目。
年に1回の事なので年を追うごとに上達しているとはあまり
思えませんが、この打ち立ての美味しい年越しそばを食べる
ことは何ごとにも替えがたい大晦日の最大の楽しみです。

写真

蕎麦粉はもんぺおばさんのご主人が育てた蕎麦を奥さんである
もんぺおばさんが打ち、この2人のコンビネーションは最高です。

去年の大晦日は大雪の中の蕎麦打ちだったな〜
それから1年が経ったのかと思うとこの1年の時間のはやさ
をしみじみと感じました。


この1年は日本、世界に目を向けてもそうでしたが、
個人的にも大変化の1年でした。


日野での新生活のスタート、Pico Farmの始動、
年7回のライブセミナーの開催、そこでの食事作り。
マクロ仕様のお菓子作りや保存食作り。
新しい環境での人間関係の広がりや子供の成長。


どこを切り取っても濃い1年だったと思います。
そして今までブログには書いてきませんでしたが
今年のはやい時期にあるオファーが舞い込んできていました。
実はその事について何度も何度も考える1年でもありました。


そのオファーとは「海外で働かないか」というもの。
晴天の霹靂でした。


2010年の12月に引越して来た理想のこの場所。
この1年はやれる事はやるだけ出来たという充実感はありますが
まだまだ始まったばかりでやりたい事も沢山あるPico Farm。


日々の生活を送りながらもこのお話を頂いたときからずっと
頭のどこかでこのことを考える日々を送っていました。
自分の目を向けたくないところも直視せざるを得ないことも
多々あり、自分に何度も向き合いました。


そして結論として年明けてすぐの1月9日に夫と子供と共に
フィリピンのマニラに引越をします。
そして2月頃を目処に私は6年ぶりに仕事に復帰します。
子供は現地で幼稚園がはじまり、夫は日本とフィリピンを行き
来きする生活が始まります。


沢山の事が一新した今年。
そして更に沢山の事が一新する来年。


頭で考えると自分でもなぜこんな大きな決断をしたのか
わかりません。やっと落ち着いたばかりなのにまた引越の
準備、その他山のようにあるやらなければ行けない事、
正直もう考えたくない〜っ!て思った事もありました。


だけど私の中の何かが「やらなければいけない」と私を
動かしました。


一見全く違う世界に飛び込んで行くようですが、
かならずこれがつながる日が来る事を私は信じて進んでいます。


なぜならば、これは誰かに言われてした決断ではなく
自分の中心から出て来たことだから。
だから周りの人に理解出来る理屈はなくともいい。


今日は蕎麦打ちの後に飛び出し坊やイベントで作った
「飛び出そう坊や」を板に描きました。
「飛び出し坊や」は子供が道路に飛び出すのを防止するもの。
でもこの「飛び出そう坊や」は若者に世界に飛び出そうよと
呼びかける坊や。

写真

私も坊やとともに飛び出しま〜す!










スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。