洪水の被害者に出来ること

久しぶりのブログアップ。

この1ヶ月公私ともにいろいろありましたが、先週のフィリピンの洪水の
被害はかなり甚大なものでした。


1週間以上経った今でも浸水している場所もあり、死者も100人近くにのぼり
被災者も300万人以上います。


私の住むマカティ周辺は被害は有り難いことにほとんどありませんでしたが多くの
人が住む場所も無くしてしまいました。


娘の幼稚園も4日休校。
久しぶりに登校すると学校から一枚の紙が配布されました。


「住む所がなくなってしまった同胞のために救援物資の寄付してください」
というものでした。


必要なものリストの中に「1kgづつ小分けされた米」というのがあり、
私はすぐさま近所のスーパに行き20袋を購入幼稚園に届けました。


IMAG0687_convert_20120815234239.jpg


20Kgで何人のお腹が満たされるかは分かりません。でも何かしたいと思って動きました。


日本に帰国している夫にその事を話すと彼は全く別の考えを持っていました。


彼は「お米よりも先にやるべきことがあるのではないか」と考えていました。


私は「お腹空いてる子供にごはんを届けたい」という思いお米を買いました。


東日本大震災時に全国からの善意が「救援物資」や「募金」という形で被災地に集まり
沢山の支援物資が集まったのに必要な人の所に辿り着かないという問題がありました。


緊急時に的確なロジスティックスをするというのは難しい部分もあるでしょう。
でもロジスティックスの目処がたってから配布するのでは遅すぎることもあります。


こうなるとタマゴが先かニワトリがという話になります。


私の気持ちはただの自己満足に過ぎなかったのか・・・
本当に支援物資は必要としているひとの所に届くのか・・・



それはわかりません。


サンデル教授の白熱教室で討論して欲しいくらいです。


きっと答えはないでしょう。

答えなんてないでしょう。


自分の思ったことを行動することしか人は出来ない。
だから「善し悪し」での判断ではなく腹の底からグググって思ったことを
行動に移すだけのことです。

スポンサーサイト

フィリピンの海外労働者

210億ドル。日本円で約1兆6千億円。


フィリピンの海外労働者の11年度の送金額。


GDPの12%を占めフィリピン経済を大きく支えています。
貧しい生活なのに子供がプレステとか持っていたり、
いい携帯を持てるのは多くはこの親族の海外送金があるから。



日本の企業は日本での活路を見出せず海外に視野を広げている。
それは何も今日に始まったことではないけれど、私のいる建設業界は
まさにもう日本には建物を建てる場所もニーズも減少傾向。
ゼネコン各社が高い技術を持って海外にどんどん進出しているようです。



高い技術を持っていても使う所がない
高い能力を持っていても働く機会がない


外国に働く先を求めて国を出るフィリピン人労働者とどこかダブります。
日本人はフィリピン人のようにフットワーク軽く世界を移動できるでしょうか?
彼らのフレキシビリティは日本人が見習えるところのひとつでしょう。


日本の企業もどんどん外にでちゃって、外国で利益を上げて日本を豊かにする
というやり方があってもいいんじゃないかなとフィリピン人海外労働者の
記事をみて考えます。


出て行くだけでなく受け入れるほうもどんどん入れられないのでしょうか。
日本の介護や医療の人手不足なのは誰の目からみても明らかなのだから。
やる気のある外国人を受け入れる敷居をもっと下げて欲しい。


やればできるでしょ、きっと。


来週日本の看護師の資格に合格せずフィリピンに戻されてしまった
優秀なフィリピン人に会います。


彼らの努力は並大抵ではなかったはず。
それでも試験に合格しなかったから帰国だなんて・・・
この国で日本語ができるからって日本並みの給料日系企業だって
出せないだろうし・・・きっと彼らはそのうち香港とかシンガポールとか
はたまたアメリカとかいってしまうんだろうな〜


いい人材が他の国にとられてしまうことを日本政府はどう思っているのだろう。


「国民の生活が第一」という党ができたとか?!


小沢さん是非「国民の生活が第一」に進めてほしいものです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村




クリスマス開始?!

世界一クリスマスが始まるのが早い国フィリピン。
erがつく月から始まるそうです。すなわちSeptember

でも今月になってからオフィスで既に数回聞きました「クリスマスソング鼻歌」
鼻歌といってもフィリピン人の鼻歌は普通の歌と同じボリュームなので歌ですね。



クリスマスソング_convert_20120706231219


静かに仕事していたと思いきや突然大声で歌いだします。
日本だった物音立てるのもはばかれる静かなエレベーターの中でも突然歌いだします。
気分が良くて歌うだけじゃなく、なんとなく気まずいな〜っていう時にも
よく歌うような気がします。


私もかなりの鼻歌人間ですが、フィリピン人の鼻歌は訳が違います。


多分歌っている彼らはまさか自分がクリスマスソング歌っているとは
気づいていないでしょう。


今年も折り返したからもう気分はもうクリスマスなのか・・・?
それともたまたまなのか・・・?


フィリピン人面白いっす。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

フィリピンで外国語

「フィリピン=危険」


という従来のテレオタイプ的考えも、Skypeで英会話を勉強したり
フィリピン留学をする人が増えるのにつれて、


「フィリピン=語学留学」


特に若い人たちの間ではこう変わりつつあるように感じます。



英語はもちろんですが、意外にフィリピンでは他の言語も学べる
環境があります。



① スペイン語

400年間スペインの植民地だったフィリピンにはスペインの文化のみならず
言葉もたくさん残っています。タガログ語を知らなくてもスペイン語の単語を
言って通じることも結構あります。しっかりとしたスペイン語学校もありしかも安い。
スペイン語を学ぶ先はスペインか中南米と思っていただけに意外な発見!!



私が次に住みたい国は中南米。

フィリピンにいる間にスペイン語ブラッシュアップするつもりです。


② 中国語

中華系フィリピン人は意外に大統領をはじめ多く政治やビジネスの世界
でも活躍している中華系、その子弟に中国語を学ばせるための中華系の
学校も結構あります。

IMG_4221_convert_20120604013833.jpg

モモのクラスメートだったオリビアもモンテッソーリをやめて
来月からチャイニーズスクールに転校します。
明後日からモモの新学期が始まりますが仲良しのオリビアがいなくなって
しまうのでモモも寂しいだろうね・・・

中華系フィリピン人のお父さんと香港出身のお母さんとの会話は中国語。
フィリピン人であってもタガログ語よりも英語や中国語を重視する中華系。
フィリピンに住むフィリピン人であってもタガログ語が話せなくとも
英語が話せれば問題なく生活できる国ですからね。

学校の授業は基本的には英語、そして午後からは中国語のクラスそれに
プラスαで1時間程のタガログ語の授業もあるのだとか。
子供をこういう学校に入れられるのもこの国ならでは。


③ 韓国語

韓国資本の英会話スクールが多いので英語と韓国語セットで
教えてくれる学校も結構見かけます。

しかもフィリピンには韓国人沢山住んでいます。
実践練習する相手にも事欠かないでしょう。


滞在費が安く、日本から近いフィリピン。
英語プラスαを勉強するには意外な穴場です。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

ピナトゥボ火山へ

週末にピナトゥボ山へトレッキングに行ってきました。

集合場所から4x4に乗換え道無き道を行く。

P5050187.jpg


途中、川で身動きのできない車を救助したりしながら・・・

P5050197.jpg


40分後やっとトレッキングの入り口へ。
そこから頂上のカルデラ湖まで2時間半。
運動不足の私にとって非常に歩きがいのある(というかキツかった〜〜)
トレッキングでした。

P5050228.jpg


トレッキングもさることながら、ピナトゥボ山にはフィリピン先住民族の
アエタ族が住んでいて途中であえるかもしれないというので私はそれを
楽しみにしていました。


アエタ族は調べたところ、約2万年前マレー半島を経由してフィリピンに渡来してきた
縮毛・低身長・暗褐色の肌が特長の先住民族。


どことなくオーストラリアのアボリジニの人たちを彷彿とさせ、
いわゆるスペイン系や中国系の混じりけのあるフィリピン人という
顔立ちとは明らかに違いました。

P5050208.jpg

400年前のスペイン侵略時にも低地から山に逃がれたら昔ながらの
自給自足生活を続けていたのだけれど、火山の噴火で大きな被害を受け
住んでいたピナツゥボ山を後に生活様式も大きく変えざるを得なくなって
しまったそうです。

P5050215.jpg

あらかじめ寄付できるお菓子や洋服等をしたい人はどうぞと言われていたので
私はモモの小さくなった服を何枚かもって行きました。

いつも旅をしていて思うのは、旅人が物をあげることがいいのかどうか。
それが彼らを助けることになっているのか、足を引っ張っていることになのか・・・
考えさせられます。

P5050204.jpg

でもお菓子をあげるのは、食べる機会がない貧しい子供だから
といってあげたいとはどうしても思えません。
自分の子供にも食べさせたくないスナックや甘いキャンディー
を人の子供にあげたくない。一時的に喜んでくれることかもしれないけれど。
この子供のお母さんはどうおもっているのだろう・・・

P5050207.jpg

かといって裸のこの子供に洋服を着せることがこの民族にとって
どういうことなのかわ私には知る由もありません。


それにしても、久しぶりに足が「棒」
しかも4x4の振動のせいで腰から首にかけてものすごい痛い。


20代の頃は日に日に和らいでいった痛みも、最近は日に日に増してい
くのであります(涙)

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。