玄米のこと

2011年9月11日 第6回目 Pico Farm Liveでお話して玄米の話を少しここに書き留めておきます。

Pico Farm Liveに参加していただいている方毎回最低一食は玄米を食べていただいています。参加者の中には玄米を今まで食べたことのない人、既に食べているけどいまいち美味しく食べれないと思っている人、玄米を食べたいけどきっかけがない人などがいらっしゃいした。

今回は私がなぜ玄米を食べはじめたかということから、玄米の食べ方、玄米がなぜ体にいいのか、そして自分にあった玄米の食べ方というおはなしを30分程の短い時間でしたがお話をさせていただきました。

「玄米は農薬がついているから白米の方が安全だときいたことがあるけどそれはどうなのか」という質問がありました。これについて、私が何が安全かということは断言はできません。大切な栄養価が入っている部分をそぎ落とした白米か、はたまた農薬を使用した玄米か。

こういう究極な選択をするときに思い出す事は「口は最後の調理器具」ということです。人間にもともと備わっている唾液の酵素の持つ毒を消す力を働かせるためにめに良くかんで食べること。これで農薬も化学調味料も消えてしまうと私は信じて食べています。

自分の選択が試されますね。

特に家族の胃袋に何を入れるかという実験をにぎっている主婦(夫)だったら余計気になると思います。周りの情報を単に鵜呑みにするだけでなく自分の中で「これだ」というものをつかむことで自分の選択が揺れることが減ると思います。

FoodMindでは「食」にかかわるひとつの見方をお伝えしていきます。そこから参加する方が何を感じるかを話し合っていきます。
スポンサーサイト

玄米小豆粥

アズキ粥

我が家では体調が悪い時、食欲がない時にこれをつくります。

ここ数日の暑さでアイスクリームなど白砂糖入り乳製品を食べていたせいもあるのかな、
何となくお腹の調子がおかしい。
今朝はといっても深夜?1時半に目が覚めていろいろなことをしながらお粥を炊いています。

今日はこれにカボチャも加え「玄米小豆カボチャ粥」にします。
小豆とカボチャはゴールデンコンビ。しかもカボチャが入る事で腹もちも良くなります。
その上にごま塩をふって・・・考えるだけで嬉しくなる。

レシピ:

玄米   1合
小豆   約1/4カップ
水    1300ml
自然塩  ひとつまみ

①玄米をフライパンできつね色になるまで炒る。
②圧力鍋に炒った玄米とさっと洗った小豆を入れ水と自然塩を加え圧をかける。
③圧がかかってから40分炊き、その後自然減圧。

*カボチャを加える場合は一度カボチャを蒸してから一口大にきって加える。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。