新しいブログ

こちらへ移動しました。http://pecodelsol.wordpress.com
少し志向を変え今の生活により近いスタイルで発信しています。
スポンサーサイト

ブログお休みします!

なぜか!!!

ブログの大事な部分がクリックできないという事態が起こりました。
それを直そうとあれやこれやとここ見たところ、更に自分の使っているPCでは画面さえも見れなくなってしまいました。

ということでしばらくブログしばらくお休みします。

タイトルと書いている内容にも少しズレがでてきているな〜と感じていたのでもしからしたら新しくブログを始める良い機会なのかもしないな〜

この前に書ことしていた記事も変なタイトルのまま消せなくなってしまったし・・・(涙)

ということで新しくブログを始めたらご案内させていただきます。

私の子

中国と本質と瞑想と

ここのところ中国と日本の関係からいろいろと考えさせられています。


報道も中国メディアと日本メディアの差があるのはもちろんのこと
同じ日本のメディアでも視点が違えば表現も変わってくる。


その中でも私が肌感覚でそうだろうなと思うことは、
日本が中国人の不満のはけ口として使われているということ。


本来の問題は中国国内に散在しているのに怒りの矛先は中国政府ではなく
日本や日本人に向けられている。


不満が吐き出せるのであればそれで良い。


日本には戦争の残した傷をはじめネタになりうるものが沢山ある。
だからそれを突っついていれば、本来の問題と向き合わなくてもよい。


でもこれって、私たちの日常でも起きているように思います。


私もそう。
本来向き合わなくては行けないことから目をそらすために、
本を読んだり、ネットをみたり・・・


でも向き合わなくては行けないことは、姿形を変えて何度でも現れるのね。
だからいつかは必ず向き合う日が来る。


そのことを知って向き合わないか、知らずに向き合わないか。

同じ「向き合わない」ことでも大きな差になる。



中国の日系企業が壊されたり、人がけがをしたりと悲惨なことが起きている。
それは残念だけど、その起きている現象面ばかりをみていては本質がぶれる。



報道も現象面ばかりをクローズアップすとまた反日感情を煽ってしまう。



本質を見ること。
今のインターネット時代、よく使えば欲しい情報にアクセスできるけれど
現実逃避ツールでもある。


滋賀で田舎暮らしを始めたときに街に終わりがあってビックリしたことを
思い出しました。


突然家がなくなって、野原が始まったり山につながっていたり…


だって東京には街の終わりがなくって、
ずーっとつながっていた。


インターネットもそうだな、
ずーっとつながっている。


だからどこかで意識的に切らないといけない。


田舎は過ごしやすかったのは、そこには切り替えがあったから
だったのかな。


その切り替えを作るための方法 "Meditation".


ミャンマーで占星術師に見てもらったときもいわれました。


「きみは瞑想するともっと強くなれるよ」って。


その重要性をますます感じています。

IMG_0518_convert_20121007041051.jpg



洪水の被害者に出来ること

久しぶりのブログアップ。

この1ヶ月公私ともにいろいろありましたが、先週のフィリピンの洪水の
被害はかなり甚大なものでした。


1週間以上経った今でも浸水している場所もあり、死者も100人近くにのぼり
被災者も300万人以上います。


私の住むマカティ周辺は被害は有り難いことにほとんどありませんでしたが多くの
人が住む場所も無くしてしまいました。


娘の幼稚園も4日休校。
久しぶりに登校すると学校から一枚の紙が配布されました。


「住む所がなくなってしまった同胞のために救援物資の寄付してください」
というものでした。


必要なものリストの中に「1kgづつ小分けされた米」というのがあり、
私はすぐさま近所のスーパに行き20袋を購入幼稚園に届けました。


IMAG0687_convert_20120815234239.jpg


20Kgで何人のお腹が満たされるかは分かりません。でも何かしたいと思って動きました。


日本に帰国している夫にその事を話すと彼は全く別の考えを持っていました。


彼は「お米よりも先にやるべきことがあるのではないか」と考えていました。


私は「お腹空いてる子供にごはんを届けたい」という思いお米を買いました。


東日本大震災時に全国からの善意が「救援物資」や「募金」という形で被災地に集まり
沢山の支援物資が集まったのに必要な人の所に辿り着かないという問題がありました。


緊急時に的確なロジスティックスをするというのは難しい部分もあるでしょう。
でもロジスティックスの目処がたってから配布するのでは遅すぎることもあります。


こうなるとタマゴが先かニワトリがという話になります。


私の気持ちはただの自己満足に過ぎなかったのか・・・
本当に支援物資は必要としているひとの所に届くのか・・・



それはわかりません。


サンデル教授の白熱教室で討論して欲しいくらいです。


きっと答えはないでしょう。

答えなんてないでしょう。


自分の思ったことを行動することしか人は出来ない。
だから「善し悪し」での判断ではなく腹の底からグググって思ったことを
行動に移すだけのことです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。